ウェディング02車を運転していて起こす事故には、必ず相手がいる事故だけではありません。運転手自身のハンドル操作ミスや脇見運転が原因で、電柱などにぶつかって運転手や同乗者が死傷するような事故を自損事故搭乗者を言い、同乗者には自賠責保険が適用されるんですが、運転手には適用されません。他にも被害者である運転手の過失が原因の事故で、センターラインを越えて対向車にぶつかったとか、信号無視でぶつかってしまったなどと加害者には全く責任がないと立証されれば、自賠責保険は適用されません。こうした搭乗者の過失で起こした事故で保険金が支払われるのが自損事故保険です。任意保険なんですが、一般的には自動付帯となっていて、人身傷害保険がついている場合は自賠責保険と重複する部分があるので、不担保となる場合が多いようです。自損事故保険の死亡保険金額は1500万円、後遺障害が残った場合は50~2000万円、傷害で入院が必要になった場合には入院日数1日につき6000円、通院が必要なんですが、場合には4000円程度が支払われます。もしもの場合に備えて、加入しておくと安心です。でもそれ以前に、車を運転する際には細心の注意を払って運転するように心掛けましょう。