自動車保険の意義について、一般の人が真っ先に思い浮かぶのは賠償です。この発想は間違いではなく、自動車は一歩間違えますと他人を死傷させる凶器になりますので賠償保険に入っておくことはとても大切です。
しかし、自動車事故が起きたときに怪我や死亡が起きるのは相手ばかりではありません。運転者自身がそのような目に遭うこともあります。また、その確率は決して低いものではありません。そういうときに自分自身を対象にした保険があります。
現在、自分自身の怪我や死亡に対して保険金が支払われる保険といいますと、人身傷害保険という保険があります。ですが、すべての人が人身傷害保険に加入しているわけではありません。では、そういう人は全く補償がないのかといいまうと、それは違います。
保険会社により違いはありますが、多くの保険会社の対人賠償保険には自損事故保険という保険が自動付帯されています。この保険は運転ミスなどの単独事故で保険対象の車に乗車していた方が怪我や死亡し、また自賠責保険や人身傷害保険が支払われない場合が対象になる保険です。
ですから、自損事故保険が付帯していた場合はひとりで運転していて怪我をしたり死亡した場合ても上限はありますが保険金を受け取ることができます。

最近の投稿