普段、車に乗っていないときに、駐車場で起こり得る車のリスク。それは、盗難や車上荒らしです。シャッター付きのガレージであったとしても、安心することができないのが現状です。対策としては、車内に高価なものを置かないのは原則ですが、カーナビ等の装備品の場合は毎回取り外すわけにはいきません。そこで、盗難防止用のアラームを設置することが、効果的な対策であるといえます。盗難防止用のアラームは、不正侵入を検知した場合、光と音で異常を周囲に通知する仕組みとなり、盗難を防ぐのに効果的であるといえます。また、アラームを設置しているのであれば、ステッカー等でそれを見える位置に貼っておくことも有効です。アラームが設置されていることが予めわかっていれば、リスクを冒してでも盗難や車上荒らしをする輩は減るはずです。
また、盗難や車上荒らしに遭った際に備えて、車両保険に入っておくことも有効な手段となります。一般タイプでも限定タイプでも、盗難や車上荒らしは補償の対象となる為、もしもの場合に備えておくのもよいでしょう。
盗難防止のアラームで犯人を近づけない様にして、万が一、被害に遭ったなら、保険で賄う。二重のセキュリティーで愛車を守るのもよいかもしれません。

最近の投稿