日本車は性能が良く、定期的なメンテナンスがされていますので、常に車の状態が良好になっています。海外に転売すると高く売れるということもあり、車の盗難に被害に遭いやすくなっています。また、車の中につい鞄や現金などを置いて離れてしまうと、車上荒らしに遭う恐れもあります。車上荒らしや盗難被害に遭わないようにするためには、カーセキュリティー製品を利用することをおすすめします。盗難対策アイテムとして、イモビライザー機能を装着することをおすすめします。近年販売されている車の多くには、純正イモビライザーがすでに装着されているものが多いですが、装着されていない場合は後付けすることができます。キーを持たずにドアを開こうとすれば大きな警告音が鳴るので、盗難防止に効果があります。また、ハンドルロックすることもおすすめします。ハンドルロックをしておけば、外すのにも手間がかかりますし、防犯対策をしていることが明らかになるので、泥棒も避ける傾向にあります。車上荒らしに遭いやすい場所として、月極め駐車場、ファミリーレストランやアミューズメントパークの駐車場があげられます。長い時間、車から離れるような場所に駐車するときは、アラームを取り付けることもおすすめします。a0001_000062 a0001_000584

最近の投稿