» 未分類のブログ記事

定期的なメンテナンスで必要になっていく箇所はいくつか存在していますが、チェックしておくべき内容を早い段階で理解するようになれば事前に綿密な準備を行う事ができます。担当者が日頃どういった部分を確認しているのかなど細かい部分に着目していければ、たとえ素人であったとしても前向きに捉えるような姿勢が出ていきます。最近は複雑なエンジンを取り巻く環境が変わってきているということもあり、ボディにおいては全体を万遍なくまずは確認する姿勢がポイントになっていくのです。所有者としては外観の良し悪しがどうしても気になっていくものですが、汚れが目立ちやすい白いボディなどは正しいケアが不可欠にもなるため、これからの付き合い方等を真剣に確認するような習慣がポイントになっていきます。
以上の事柄を冷静に振り返ることで、マイカーのボディを常に最適な状態へキープさせるようにする方向性が出ていきます。細かい傷については少し磨くだけで治すことができますが、実際の場合はプロにお任せしていく方が結果的には上手くいく場合が多くなっています。購入する場合だけでなく定期的なメンテナンスの際にも、見るべきポイントというのは数多く存在しているのです。

着色フィルムとは、車の窓ガラスに貼るフィルムで太陽の光や紫外線をカットしてくれたり、プライバシーを守るためにも役立つアイテムです。
しかし、フロントガラスや運転席や助手席の横のガラスに貼ると安全運転を妨げる危険性がありますし、不正改造となってしまう場合があります。
そこで、出てくるのが透過率という基準なのですが、透過率が70%以下の着色フィルムを貼ることが禁止されています。
つまり、着色フィルムを貼りたいのであれば透過率70%以上のフィルムであれば問題ないのです。
ここで気をつけたいのが、最近はフロントガラスや側面のガラスに太陽光や紫外線カットのガラスで若干、着色されている場合が多いので透過率70%でギリギリだと貼った後には70%以下になってしまうことが簡単に想像できます。
なので、着色フィルムを貼る時は透過率を充分に気をつけなければなりません。
一番安心なのは購入時に専門家の意見をちゃんと聞くことではないでしょうか。
余談ですが、透過率70%以上というのはフロントガラスや運転席、助手席の側面のガラスだけであり、後ろや後部座席の側面のガラスには制限はありません。
制限はありませんが、夜や雨の降っている時は著しく視界が悪くなるので、安全運転が確保できる着色フィルムを選ぶことをおススメします。

 ブローバイホースを簡単に書くと車のエンジン内部の圧力を軽減するために用いるホースであり、またブローバイガスを安全に戻すためのホースでもあります。
ブローバイガスはシリンダーとピストンの隙間から吹き出すガス類のことです。未燃焼ガスや燃焼ガスなど様々なガスを合わせてそう呼びます。生ガスや燃焼時のカーボンなどの成分を多量に含むことを特徴としているため、それがエンジンオイルを希釈したりなどをするとエンジンオイルはすぐに劣化して充分に機能しなくなってしまいます。
そのためブローバイホースの取り付けは法律でも義務付けられており、またブローバイガスは定期的に抜いておく必要性が求められています。よってブローバイホースを取り外してマイカーの点検に望んでも通りませんので注意する必要があります。
また、ブローバイガスの通り道がふさがれると最悪の場合エンジンが焦げ付いて使い物にならなくなってしまいますのできちんと取り付けられているかチェックするようにするのが大事です。
ブローバイホースの点検項目としては、ホースの部分に亀裂や傷などが入っていないかやブローバイガスによる汚れなどをチェックして掃除したり必要に応じてホースを交換したりなどを行います。

自動車は常に安全に走行させることが必要になることから、ドライビングに関することだけではなく、ボディ周りのチェックなどを行って、常に適切な状態に保つことが求められています。点検などをドライブする前に実施することも大切になり、点検内容は実際には多岐にわたっていますが、その中でもライトやランプ類をチェックする方法も非常に大切です。ヘッドライトは夜間に能力を発揮させることになり、球切れなどを起こしてしまっている状態では夜間の走行時に安全走行ができない可能性が高まります。フォグランプなどを含めて随時チェックを行う方法で安全性を高めることができます。テール部分に対しても細かく点検したい内容があり、テールランプが正常に点灯させることができることと、ブレーキランプが正常に作動していることをチェックする必要もあります。テール部分の場合では1人では確認することができない場面も出てくることになり、2名以上で目視点検を行う方法が良い行動です。前後のウィンカーが正常に機能していることをチェックすることも非常に大切です。方向指示器とも呼ばれていますが、周囲を走行している他人にとっても確認できない場合では危険が生じる場合も多く、随時チェックを行って正常を保つことが必要です。

車検を受ける直前に一般人がすべき事柄は、現状を隅から隅まで把握していくといった意識になります。検査する際にはいろいろな内容を聞かれる可能性もあるため、スムーズなやりとりをするためにもまずは概要を学んでおく姿勢が重要です。さらに外観に限らず下部のパーツ類が密集しているところにも気を配って、良し悪しを確認する部分がポイントになっていき、インターネットに掲載されている箇所をチェックするような体制を踏まえればより強固な予備検査というものができるようになるのです。それぞれのチェックすべきポイントがあるので、車種別に詳細を確認していくような状況を目指していくことが大切になります。
一方で個々のパーツには耐久年数というものがあるので、車検の際にはベットで料金が加算される可能性があるという点を理解しておくことが重要です。想定内に全て収まっていくよう、必要になっていく事柄を慎重に調査して最終的に良い方向で終えられるような方向性を見ていくことが大事にもなります。車検前にチェックする内容を整理すれば、愛用のマイカーと長きにわたって付き合うような姿勢が出ていくようになるわけです。基本的な内容をマスターしていく部分が肝心です。

自動車を所有している場合、検査証の有効期間内に継続検査を受検する必要があります。受検の方法としては、多くの人が指定整備工場を所有するディーラーや整備工場などの業者に依頼することになります。しかし、これ以外にも自分で陸運局において継続検査を受検する方法もあるのです。これを一般にユーザー車検と呼びます。継続検査を受けると言っても、陸運局には継続検査の検査ラインがあり、これを通過することによって検査を受けることが出来るのです。主な検査内容はライン通過前に前後ライトと方向指示器の点灯確認とワイパーの動作確認があり、その後検査ライン上で前後ブレーキとサイドブレーキの検査から始まり、ヘッドライトの光軸検査、足回り検査、そして最後に排気ガスの検査と進みます。これらは継続検査ラインでの指示に従いながら行うことになります。ここで異常が無ければ検査合格となり、新しい検査証とステッカーが発行されます。ユーザー車検のメリットとしては、経費が重量税と検査手数料、自賠責保険料といった法定費用のみの支出だけで済むという費用的な面にあります。製造後最初の継続検査時にはお勧めできますが、ある程度年数が経過した場合には、整備工場などでしっかり整備を受けて継続検査を受検したほうがよいでしょう。

準備すること

| 未分類 |

運転をする際にはいろいろと準備をしなければならないことがあります。まず物理的なものとしては「運転免許証」と「車検証」「自賠責保険の証明書」などが必要になります。

とくに運転免許証はクルマに乗せたままにすることが少なく忘れやすいもので、免許証不携帯で行政処分を受けてしまいますので、エンジンをかける前に必ず確認しましょう。
その他ないと困るものは、パンクしたときのスペアタイヤや工具、ジャッキ、発煙筒、非常停止板、冬場にはチェーンやブースターケーブルなどがあります。あると便利なものにはガラスが曇ったときのタオル、ゴミ箱、など身の回りのものになります。

その他に大事なものがチェックになりますが、タイヤの空気圧や、ヘッドやブレーキのランプがちゃんと点くかどうかの確認などが必要になります。またETCを搭載している場合には、カードが入っているかの確認は必ずしましょう。これがないと高速道路などでバーが開かずに大変なことになってしまいます。
もちろん体調を整えておくのも大事な準備です。過労運転やお酒が残っている状態で運転すれば取り返しがつかないことになってしまいます。

以上のように、運転は人の命に危険を与える可能性があることをしっかりと頭に入れて、入念な準備を心がけましょう。

車を持っている人にとっては毎回頭の痛い車検ですが、金額としては概ね12,3万円程度支払っているという人が多いものです。中には自分で点検整備を行っているという人もいますが、一般の人はなかなかそのような知識も時間もないため、高い費用を支払ってもディーラー任せと言う人も少なくありません。しかし、その費用の内訳についてはあまり意識をせずに高いと思っている人も多いものです。実は費用の大半を占めているのは点検整備の費用です。
車検そのものの手数料は1400円から1800円とそれほど高額ではなく、自動車損害賠償責任保険料の2年分が25,750円、重量税32.800円で、印紙代を含めても合計6万円程度が手続きの費用となります。
その為、何も点検整備を行わないという場合にはこの金額で検査が受けられるということになりますが、実際には自分で車検状に持ち込んだり、検査が不合格となった場合の再申請の手間を考えると、まだまだ敬遠されることも多いものです。自分で書類を作成し、検査受ける際にも自分で持ち込む手間を考えると、高額でもディーラーなどで点検整備を受けて検査を受ける方が安心できるという人も多いため、高額でもディーラーなどに依頼している例が多いのです。

車検ってなに?

| 未分類 |

車検とは、自動車検査登録制度を略したもののことです。これは、検査によって使用しているクルマが安全であり公共の場において使用することが出来るかを確認することと、所有権を法的に認めてもらうことです。つまり、公道をクルマを使って走るには車検が必要になります。もし、これがない状態で公道を走った場合、道路運送車両違反となります。クルマの車検にはいろいろなタイプが存在します。そのため、自分のクルマに合った最適なものを選ぶことが重要です。これにより、検査の仕方が変わるだけでなく、維持費を少し抑えることが出来ます。日本の法律でクルマは、この検査を年に2年に1回受ける必要があります。クルマの検査を受けて、通ったからといって次の検査までクルマに何もしなくても良いわけではありません。クルマによる事故が増えているため、事故を起こさないようにするために、定期的にクルマの点検やメンテナンスを行うことが必要です。車検の検査を受けるためには必要な条件があります。それは、使用期限が有効である税納付証明書と損害賠償責任保険証が必要になります。また、検査の時には損害賠償責任保険の更新や税金の納付などもあわせて行っています。

a0027_000273 card01_l車検とは、道路を走る車が保安基準を達しているかどうかを検査することです。一般家庭のマイカーであれば2年に1度、初年度登録から最初の車検に限って3年とされています。
日本の法律で定められている検査であり、これを通過しなければ道路を走ることはできません。逆に言えば、道路を走らせないのであれば、必ずしも受ける必要はありません。自宅に飾っておく、というような場合です。しかしそのようなケースはほとんどないでしょう。ほとんどの人が乗るために購入しますので、所有している人は2年に1度受けることになります。
もしも検査を受けずに走っていれば、厳しい罰則が待っています。検査を受けていなければシールですぐに分かるようになっていますので、必ず受けるようにしましょう。
この制度があってこそ、公共の道路を誰もが安全に利用することができます。ろくに整備や点検をされていない乗り物が道路を走っているようでは、怖くて誰も道を歩けません。
車検にはもう1つ大きな意味があります。それは、受けるにあたって自賠責保険に加入しなければならないことです。これにより、万が一の事故の際にも、被害者が最低限の補償を得られるようになっています。自賠責保険への加入が義務付けられたのは、昭和30年のことです。

最近の投稿