着色フィルムとは、車の窓ガラスに貼るフィルムで太陽の光や紫外線をカットしてくれたり、プライバシーを守るためにも役立つアイテムです。
しかし、フロントガラスや運転席や助手席の横のガラスに貼ると安全運転を妨げる危険性がありますし、不正改造となってしまう場合があります。
そこで、出てくるのが透過率という基準なのですが、透過率が70%以下の着色フィルムを貼ることが禁止されています。
つまり、着色フィルムを貼りたいのであれば透過率70%以上のフィルムであれば問題ないのです。
ここで気をつけたいのが、最近はフロントガラスや側面のガラスに太陽光や紫外線カットのガラスで若干、着色されている場合が多いので透過率70%でギリギリだと貼った後には70%以下になってしまうことが簡単に想像できます。
なので、着色フィルムを貼る時は透過率を充分に気をつけなければなりません。
一番安心なのは購入時に専門家の意見をちゃんと聞くことではないでしょうか。
余談ですが、透過率70%以上というのはフロントガラスや運転席、助手席の側面のガラスだけであり、後ろや後部座席の側面のガラスには制限はありません。
制限はありませんが、夜や雨の降っている時は著しく視界が悪くなるので、安全運転が確保できる着色フィルムを選ぶことをおススメします。

最近の投稿