カーセキュリティー製品は数多くあります。大切な愛車を盗難や悪戯から守るためには、適切なセキュリティ対策が必要です。価格や設置コストなど、費用対効果を考えた上で選びましょう。
まずは何を主な目的としたいかによって、選ぶべき製品は異なります。車そのものの盗難を防止したいのか、車上荒らしを防ぎたいのか、イタズラから守りたいのか、などです。
例えば車上荒らし防止なら、ドアのこじ開けや衝撃を感知するタイプのセンサーで充分です。接近センサーまでついていれば安心ですが、混雑した駐車場などに停めた時に、必要以上に警告音が鳴る可能性があります。エンジン始動を感知するタイプなら、盗難防止にもなります。設置は自分で行うこともでき、製品も1万円~と手頃です。カーナビの盗難防止であれば、目隠し効果がある手頃なカーフィルムだけでも効果があります。
車本体の盗難防止であれば、これらに加えて車庫にシャッターなどを設置することも考えたほうが良いでしょう。開閉に大きな音がするシャッターは、防犯効果が非常に高いと言えます。簡易なものから電動のものまでいろいろとありますが、電動となると費用も高くなります。しかしリモコン操作ができなければ、いちいちシャッターの開閉のために乗り降りしなければなりませんので、シャッターを設置するなら電動がお勧めです。

最近の投稿