車を持っている人にとっては毎回頭の痛い車検ですが、金額としては概ね12,3万円程度支払っているという人が多いものです。中には自分で点検整備を行っているという人もいますが、一般の人はなかなかそのような知識も時間もないため、高い費用を支払ってもディーラー任せと言う人も少なくありません。しかし、その費用の内訳についてはあまり意識をせずに高いと思っている人も多いものです。実は費用の大半を占めているのは点検整備の費用です。
車検そのものの手数料は1400円から1800円とそれほど高額ではなく、自動車損害賠償責任保険料の2年分が25,750円、重量税32.800円で、印紙代を含めても合計6万円程度が手続きの費用となります。
その為、何も点検整備を行わないという場合にはこの金額で検査が受けられるということになりますが、実際には自分で車検状に持ち込んだり、検査が不合格となった場合の再申請の手間を考えると、まだまだ敬遠されることも多いものです。自分で書類を作成し、検査受ける際にも自分で持ち込む手間を考えると、高額でもディーラーなどで点検整備を受けて検査を受ける方が安心できるという人も多いため、高額でもディーラーなどに依頼している例が多いのです。

最近の投稿