人々にとって自動車は仕事などでの移動手段、運搬手段として欠かせない物となっています。
各自動車メーカーは毎シーズン毎に新しいモデルの車を開発・発表・販売を行なっており、消費者の環境の高まりと共に、低燃費車やハイブリッドカーなどの環境に配慮した車が登場しています。
低燃費車やハイブリッドカーなどの環境に配慮した車のことを一般的に総称してエコカーと呼んでいます。
消費者がエコカーを購入する時には減税や環境対策車割引などいくつかの特典が付いてくるので、新モデルの高機能な車を購入して税金が減額されたり、自動車保険が割引になったりと、車のランニングコストが抑えられて、お得になるというメリットがあります。
環境対策が施された車に対する割引率は3%ほどです。
その他にも様々な割引が用意されており、エアバッグ割引やABS割引など安全な機能を車に搭載していることを条件にした割引があります。
環境対策車を購入し、複数の割引と減税を活用することで、車の導入コストとランニングコストを同時に抑えることが可能になってくるので、消費者にとっては環境を考慮して財布にも優しい状況となります。
環境対策車は自動車メーカーが力を入れている分野であるので、多種多様な車からドライバーの好みの車を購入することが出来るでしょう。

最近の投稿