新車を購入するか中古車を購入するのかという判断は、時として非常に大きな分かれ目となる可能性もあります。一般的に、長期間利用出来る可能性が高い新車を購入した方が減価償却期間が長くなるため、総合的なランニングコストは安くなりやすい傾向があります。もちろん、新発売車種であれば新車で購入する可能性が高くなるわけですし、余計なメンテナンスを省くことが出来るという意味でもメリットがあります。

これに対し中古車の場合、購入金額を安く抑えやすいというメリットがある反面、個体の状態によってはその差額以上にメンテナンス費用などのコストが必要になってしまう可能性もあります。ただし、全ての個体が高い頻度のメンテナンスが必要になると言う訳では無く、状態の良い中古車両を購入することが出来れば以上に高いメリットがあることも事実です。

具体的にどちらの方が優れているのかという事を判断することは難しいのですが、自分が利用していく状況や年数などを踏まえて総合的に判断していくことで、より適切な車両購入方法を選択することが出来ます。まずは「長く乗りたい」、「最新モデルが欲しい」、「購入費用を節約したい」、「どうしても欲しい車種がある」と言った状況を整理してみると良いでしょう。

海-クジラ 海-イルカ

最近の投稿