道路使用許可はどのような時に必要になるのでしょうか。道路は本来、人や車が安全に通るために作られ、整備されています。ですから基本的にそれ以外のことを行うときに、許可が必要になります。たとえば道路で工事を行うときです。どのような工事であれ、許可が必要になります。また祭りなどで露店を出す場合にも許可が必要です。それは地面に商品を置いて販売する場合や、屋台などの移動式店舗であっても同じです。許可はどのように申請するのでしょうか。使用する道路を管轄する警察署に行って、手続きを行います。警察署長に申請することになります。警察署には申請のための書類が用意されていますので、正確に記入しましょう。申請用紙には使用する道路の範囲や使用期間、時間などを記さなければいけません。工事のための申請はそれに加えて、会社の情報が必要です。申請用紙を手数料と共に提出します。たいてい数日で許可を得ることができます。もし使用許可を取得しないで業務を行った場合には、五万円以下の罰金が課せられることがあります。またひどい場合には懲役に科されたりたり、営業許可証や資格が剥奪されることがあるので、必ず使用許可を取るようにしましょう。

最近の投稿