セダンの特性

| 未分類 |

自動車を買う時にはどのようなことを軸に選定されますか?
自動車を買うに当たって、選定基準としてはボディーサイズ、ボディタイプから選択され、その後メーカーや車種を燃費やその他の特徴で判定選定されていくことになるかと思います。
自動車のボディータイプには、現在多種多様な分類となっておりますが、その中でも一番オーソドックスで古くより長く自家用車の基準として、製造・販売されていますセダンの特徴などについてご案内しますので、お車を選ばれる際にご参考になればと思います。
4ドアハードトップ、ハッチバックなど細分化分類されてはいますが、基本的にはボンネット(エンジンルーム)があり、中央部に車室があり、最後部にトランクルームがある3ボックスと呼ばれる形状が基本となります。
現在はこの3ボックス型より2ボックス型へボディタイプの主流が移っていますが、業務車両:パトカー、タクシーなどにおいては依然とこの3ボックス型が主流となっています。
各部位が分類されていることから、特にエンジンルームが前面にあることから事故などにおける運転者をはじめ車室空間の安全性確保には他のボディタイプと比べても安全性が高くなっています。これと同様に、エンジンルームが独立しているため、エンジンのメンテナンスだけでなく、静粛性向上においても対策改善が比較的容易に行えることが特徴です。

最近の投稿