ドライブをする際は、事前に走行距離の目安を確認しておくのがおすすめです。特に、観光目的でドライブをする場合、あまりに長い距離を走行すると、疲労の蓄積などによって思わぬトラブルに巻き込まれる恐れが高まります。事前に無理のない走行計画を立てておくことで、楽しく安全にドライブをすることが出来ます。
さて、1日のドライブでの走行距離はどれぐらいにすると良いのでしょうか。あくまでも目安で個人差はありますが、高速道路であれば500キロメートル、一般道路であれば250キロメートル程度にするのがおすすめです。観光目的であれば、高速道路利用の場合で300キロメートル、一般道路であれば150キロメートル程度がおすすめです。また、これだけの長距離をノンストップで走るのは危険が伴うため、道の駅やサービスエリアなどで休憩を入れて、適度に身体をリフレッシュさせるようにしましょう。
また、ドライブの際はあらかじめどの道を通るのか確かめておくのも良いでしょう。道に迷って無駄な距離を走ってしまうと、それだけ疲労の蓄積にもつながります。事前に通るルートを確認して、初めての道でも迷わず行けるように準備しましょう。車にカーナビが搭載されている場合は、それを活用するのもおすすめです。

最近の投稿