自動車保険を契約するときに対人賠償保険を外して考えることはできません。むしろ、自動車保険は対人賠償のための保険と言っても過言ではないため、対人賠償ありきで契約を考えてください。
対人賠償とは、事故の被害者の死傷を補償するための保険です。例えば事故により相手が怪我をした、後遺症を残した、死亡したという場合に法律上の賠償制度に従うお金を支払います。様々なケースがあるので一概ではないのですが、最高で賠償額は億を超えます。よって無制限で加入しておかないと賠償しきれるものではありません。
自身の生活にも関わることですが、何よりも被害者の生活を補償するためのものですので必ず必要です。
また、自賠責保険も対人賠償のための保険ですので、自賠責に加入しているから任意で加入しなくてもいいだろうと考えている人もいます。しかし、この考えはおすすめできるものではないでしょう。
というのも自賠責保険では最高でも4000万円までしか補償できないと上限が予め決められていますので、億を超える賠償には対応できず、自賠責保険で支払える上限の超過分は実費となってしまいます。よって、それを踏まえても任意の自動車保険の対人賠償へ加入することがすすめられているのです。

最近の投稿