自動車保険のなかでもポピュラーな対人賠償保険と呼ばれるものは、相手のケガや後遺障害、死亡などといった被害を補償することが目的であり、そこには自ずと事故の相手となる第三者が存在することが前提条件となっています。ところが、実際の事故の類型を見ると、相手がある事故ばかりではなく、運転中の不注意から道路脇の電柱やガードレールにぶつかったり、傾斜地から転落したりという、相手がいない事故も多くを占めていることがわかります。
このような事故を「単独事故」と呼び、当然ながら対人賠償保険による保険金の支払い対象からは除外されることになりますが、こうした自らの過失による事故によってケガ、後遺障害、死亡という損害が生じた場合に、必要な保険金が支払われることを内容とするのが「自損事故保険」です。この自損事故保険では、事故の相手がいる場合であっても、一部の特殊なケースについては保険金支払いの対象となります。例えば、相手車両後方からの追突のように、相手がまったくの無過失で、実質的に単独事故とかわらないような事故であって、保険の加入者に死傷の被害が生じた場合が該当します。ただし、この保険は人身損害についてのみ対象ですので、車の修理費などの物に対する被害については支払われません。

最近の投稿