日本で走っている車は定期的にメンテナンスがされているので状態が良いことから自動車盗難にあうことが多く、さらに車にロックがかかっていることで安心感を感じて、鞄や現金、スマートフォンなど価値のあるものを置いて車を離れてしまうことが多いので、車上荒らしに遭う確率が高くなっています。盗難の被害状況として一番多いのが、月極め駐車場があげられます。不特定多数の人間が出入りしますので、利用者だけでなく、盗人が出入りしてもなかなか見極められないという理由があります。また、月極め駐車場は夜間や早朝はどうしても人の出入りが少なくなり、無人になってしまうので盗難しやすい環境になっているといえます。月極め駐車場以外では、自宅の駐車場や路上で盗難被害が起こっています。そのほかに、ファミリーレストランやアミューズメントパークの駐車場も注意が必要です。多くの人間が利用するので、人の目が多いように感じますが、人の出入りが多いと見ているようで見ていないので隙が生まれます。そして滞在時間が長くなると車から離れる時間が長くなるので、それだけ盗難の被害にあう確率が高まります。そのため、たった数分でも車を離れるときは必ずロックし、セキュリティーアイテムを装着することをおすすめします。

最近の投稿