準備すること

| 未分類 |

運転をする際にはいろいろと準備をしなければならないことがあります。まず物理的なものとしては「運転免許証」と「車検証」「自賠責保険の証明書」などが必要になります。

とくに運転免許証はクルマに乗せたままにすることが少なく忘れやすいもので、免許証不携帯で行政処分を受けてしまいますので、エンジンをかける前に必ず確認しましょう。
その他ないと困るものは、パンクしたときのスペアタイヤや工具、ジャッキ、発煙筒、非常停止板、冬場にはチェーンやブースターケーブルなどがあります。あると便利なものにはガラスが曇ったときのタオル、ゴミ箱、など身の回りのものになります。

その他に大事なものがチェックになりますが、タイヤの空気圧や、ヘッドやブレーキのランプがちゃんと点くかどうかの確認などが必要になります。またETCを搭載している場合には、カードが入っているかの確認は必ずしましょう。これがないと高速道路などでバーが開かずに大変なことになってしまいます。
もちろん体調を整えておくのも大事な準備です。過労運転やお酒が残っている状態で運転すれば取り返しがつかないことになってしまいます。

以上のように、運転は人の命に危険を与える可能性があることをしっかりと頭に入れて、入念な準備を心がけましょう。

最近の投稿