仕事やドライブなどを目的にして、自動車を使って遠出を行うような場面があります。現在ではカーナビゲーションシステムの登場によって、以前よりも快適なドライブを行うことができ、高性能なタイプではリアルタイムで渋滞予測などを行う機種まで登場しています。ドライブを行う方の中には目的地に向かう際や帰り道の場合でも高速道路などを使う場面も見られます。勿論ですが、高速道路は一般道よりも平均速度を高くして走行できるので、短時間で移動を行う際には非常に便利に使うことができます。しかし、タイミングや場所によっては渋滞対策を行うことも良い方法になり、特に高速道路ICで右折車線に存在している場所を避けることも一つの方法です。右折車線の場合では、対向車線の直進車が優先になることから、右折レーンの短い道路の場合では、尚更渋滞になってしまうことがあります。信号を何度も待機しなければならない状態に陥る可能性もあり、このケースでは高速道路ICを使わずに、そのまま直進を行った方が効率が良い場合も見られます。迂回を行うための道路などもカーナビゲーションシステムを使うと簡単に導き出すことが可能になり、次の高速道路ICを活用する方法も良い選択肢になる場合があります。

最近の投稿