ドライブに行くときについてまわるものといえば渋滞です。できるだけ避けたいと思って運転をしたり、経路を変えたりするものですが、はまってしまったら仕方がありません。しかし、よく渋滞が起きるポイントには共通点があったりするので、覚えておくと便利なのではないでしょうか。ここでは橋の場合について説明します。
渋滞とは、簡単に説明すると、全体的な速度の低下によって車間距離が縮まり、ブレーキを踏むことで後続車にも連鎖で影響が出た結果として発生するものだといえます。長い上り坂等はその典型的な例になります。では、橋の場合、なぜ全体的な速度の低下が起こるのでしょうか。それは、橋は普通の道路と比べて狭く感じられるからです。運転していてその様な事を感じたことはないでしょうか。例えば路側帯の面積が少なかったり、欄干の様な道路脇の構造体が視界に入ることによって、普通の道路より圧迫感や窮屈さを感じることがあります。危険回避のために皆さんが行うことといえば、そう。ブレーキを踏むことによって速度が低下するというわけです。左右と上下の違いはありますが、立体交差道路の場合も同様の理由で渋滞しがちということになります。
ドライブの際に、一度気にかけて運転してみると、なるほど。と思うこともあるかもしれません。

最近の投稿